人気ブログランキング |

陽だまりに猫がいる幸せ♪
by りんだ
カテゴリ
✿プロフィール✿
★徒然語り
★笑った
★ちゃんと考える
★猫の話
★フラしてます
★テレビ日記
★思い出語り
☆'08京都の旅☆
☆海外色々体験
★'06韓国旅行
★'06初めてのハワイ☆
★'08ハワイ旅行 ★
☆'05ゴールドコースト☆
☆'09ゴールドコースト☆
☆'10ゴールドコースト☆
《非公開日記》
【リンク】

岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal


記事ランキング
以前の記事
2019年 05月
2017年 12月
2017年 08月
2016年 07月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
画像一覧
外部リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
カテゴリ:★笑った( 21 )
フラガールもドジを踏む

e0061036_15355710.jpg
181.png写真は風月堂のアップルムースケーキ。焼きリンゴたっぷりで、美味この上なし。)

フラライブは、メインボーカリストのAさんのフラガールのテーマ曲『虹』で始まります。
私の大好きなフラで、他に踊る方がいないのでソロで踊らせていただいています。
サー、今日も楽しくフラしちゃうぞーって気合が入ります。169.png

12月25日。クリスマスライブも開始時刻になり、
『虹』のイントロはAさんの素晴らしい歌声に耳を傾け、
バンプのところからフラスタートです。

いつもの様に気持ちよく踊りだしたのだけど、
暫くして何気に足元見てビックリ!
な、なんと、スリッパ履いてる。(^^;)

ホテルに有るお持ち帰りOKの超薄スリッパは履いてるのも分からないほど軽かった。

踊りながら思うのは、
「何時脱ごうか・・・103.png
このまましらばっくれて踊り通しちゃう?・・・・・110.png

流石に最期まで踊れないので途中で横に脱ぎ捨てたんだけど、
そんな自分がオカシクて笑いこらえるのが辛かった。
しかも、席に戻って気がついたんだけど、メガネかけたままでした。
フラ仲間が写真撮ってくれてたんだけど、モニター見て大爆笑です。
絶対アップ出来ません。

原因は、私の類まれなる方向音痴です。
西新宿の入り組んだ路地は迷路です。
未だに迷わずライブハウスに到着したことがないのです。
それでも開始時刻の10分前位には着いたんだけど、
ロングブーツを履いていたので手間取ってしまい、
履き替えたスリッパで慌ててダンスフロアーに。
というわけなのです。
e0061036_16165569.jpg
フロアでの履き替えように何時もは普通のサンダルを持っていくのだけど、
あの時は出掛けに目についた軽い物を選んでバックに入れてしまった。
やっぱりホテルスリッパはカッコ悪すぎ。
せめてオシャレなサンダル履いてたら良かったのに。163.png←by ユーミン





by danri | 2017-12-27 17:13 | ★笑った
この靴下に合う足の人はご連絡下さい
e0061036_22481680.jpg

主人が大分前に購入した靴下です。
写真を見て「?」と思って頂けますでしょうか?

主人が履きにくそうにしているので「???」と思いました。
そして、気が付いてビックリ!
大爆笑でした。
この靴下をサッと履ける人間がいるでしょうか?
こんな形の靴下を必要としている人間が居るのでしょうか?

何故この品が、マトモなお店で売られたのか?
因みに、「オリンピック」早稲田店です。

私なら気がついたらお店に持って行き、
どんなに月日が過ぎていようがレシートが無かろうが断固返品です。
しかし、幸か不幸か購入者は男です。
「安かったので仕方ない、まぁいいや」と諦めたのです。
そして今、『謎の靴下』を捨てることもなく、時間をかけて捻りながら履いてます^^。
これは珍百景ならぬ、珍品です。
『不良品』と片付けるには惜しい品です。

そもそも、この靴下が工場で仕上がった時、
この品物を変だと思う人は居なかったの?
『検品』はしなかったの?
仕入れ担当者は気がつかないの?
どう見てもオカシイでしょ。
店頭に並べられるまでに多くの人の目に手に触れられているはずなのに、
靴下は「こういう形」という先入観から、
誰一人全く気が付かなかったという事なのでしょうか???
そんな馬鹿な事が有るとは思えません。
気がついたけど、気がつかない事にした人が必ず居たはず。

そして、売られている靴下の「有るべき形」を何一つ疑うこと無い購入者は、
いざ履こうとした時に、この有り得ないヘンテコリンな形に呆然とするのです。

お人好しの主人の為に、せめてブログで晒して皆様にも笑っていただければ幸いです。
by danri | 2014-07-24 00:09 | ★笑った
テレビ鑑賞はホドホドに
テレビを観るのが最大の娯楽です。
年末年始は観たい番組が多くて大変でした。

同時に3番組録画出来るレコーダーにしてから余計テレビ漬けなのですが、
そんな日々を過ごしていると、こんなドジが起きます。


家族でデパートに買い物に行った時のお話です。
エレベーターで上昇中に、孫に聞きました。

「オモチャは何チャンネルだっけ?」


それでなくても静かなエレベーター内に、一瞬の静寂と微妙な空気が漂いました。

搭乗(?)の皆様全員、吹き出したいのを堪えたのでしょうね。


「やだ~、さっきまでテレビ観てたから間違えちゃった(^^;)」と慌てて言い訳する私。

その声は小さな箱の中に虚しく響き渡りました。


目的チャンネル迄の長いことったら・・・




今年もドジを踏みながら、楽しく生活していきたいです。040.gif
by danri | 2014-01-05 12:38 | ★笑った
早く気がつけば良かったね
(1月13日)
久しぶりに会った友と絵画鑑賞からランチ、
そして喫茶店を梯子して散々お喋りして数時間。

彼女の着ている服の首周りが何か変だな~と思ってはいたんだけど、
ファッションセンスは人それぞれだし、
親しき仲にも礼儀ありだから言わずにいました。

そろそろ帰ろうかという時刻になり、
彼女が前かがみになったその時、分かりました。
首周りの背中側(後ろ)がチラリと見え、そこに小さなビーズが並んでる。
つまり、後ろ見頃がビーズで飾られていたのです。

トイレに彼女が立ち上がった時、
「あのさ、もしかして、後ろ前に着てない? 鏡見て確認してみて^^」

「ううん、これはここに、これが・・・・・あっ!」

二人大爆笑。

彼女、3回は化粧室利用してる。
なんで気づかなかったのでしょう?
顔ばっか見てるのかな?

「着直してくるわ^^;」と友。
どうせ家に帰るだけだし、コート着ちゃうから問題ない。
でも、流石に気がつくとそのままとはいかないのね^^。

ということで、
かれこれ8時間一緒にいたけど、
ビーズで飾られた胸元のお洒落を拝見したのはたった1分弱。
も~~、類友にも程がある。
私も早く気が付いてあげたら良かったね。
by danri | 2013-01-15 02:00 | ★笑った
ソックリさんに遭遇した時の話
この世にはそっくりな人が三人居ると言いますね。
確かに居ます。

私のソックリさん其の1。

私立高校を受験した時の事です。

隣の席に座った女子から、
「親友にソックリ!」と言われました。
「話し方も声もソックリ!」と驚いてました。

その高校には行かなかったので、受験のその日だけのご縁でしたが、
もし彼女と同期生になってたら、私のソックリさんに会えたかもしれませんね。
二人で居たら双子みたいだったのかな?
その人とご対面出来なかったのはちょっと残念。


私のソックリさん其の2。

二十代半ばの頃だったと思います。
兄が新宿駅近くで私のソックリさんに遭遇したのです。

私だと思って呼び止め、話しかけたそうです。
相手に怪訝な顔されて、「???!!!」
直ぐには人違いと思えなかったそうです。
「本当に驚いた」と興奮してました。

もしかしたら、其の1さんと其の2さんは同一人物かもしれないですね。048.gif
確かめようもないけれど。。。



一週間前の事。
知り合いの女性とスポーツセンターで出会いました。
3年ぶり位で、
しかも思いがけないところだったので、
「あれ?」っと顔をまじまじと見てたら、
彼女も笑顔だったので、

「久しぶり~~、
今日は何でここに居るの?」と話しかけました。

「あっ、ヨガを教えに来てるんです」
「えっ!そ~~なんだ~~~」

私は彼女が介護の仕事を頑張ってたのを知ってたので、
いつの間にそんな資格を取ったのかと驚きました。
ちょっと若々しくなって、流石だな~と。

彼女には連れがいたので、
「じゃ~またネ。
今度ゆっくり会いましょ~ね~^^」と手を振って別れました。


しかし、この人、
全くの別人だったと後で分かりました。

きっと彼女は心の中では「誰かな~???」と訝りながらも
失礼があってはいけないと思い、私に合わせ会話してたんでしょうね。

あまりにソックリで、
別人と分かってからも、暫くは信じられずにいました。
そして、その時のことを思い出すと可笑しくて笑っちゃいます。

もしかしたら姉妹では?
それとも従姉妹?
未だ不思議な気持ちを拭いきれません。

遠い記憶の中学生の気持ち、そして若かりし頃の兄の気持ち、
今はハッキリ分かります。


世の中にはビックリする程ソックリな人、本当に居ます。
貴方のソックリさんも、きっと何処かに。043.gif
by danri | 2013-01-02 22:23 | ★笑った
本当に怖い貧血のお話
寝冷えして風邪気味ですごしてました。
咳はかなりだったけど、熱は大したことなく市販の薬で何とか治まってきました。
でも昨日の昼頃、急にお腹に来て、トイレに駆け込んだら気持ち悪くて、吐きそう。
どうしようと思って我慢してたら冷や汗がドッーと出て、貧血状態。
普通ならそのまま部屋でバタンと横になるのだけど、
この時は最寄り駅で友達と待ち合わせしていて、
どうしても10分後には家を出なければならなかったのです。

思い切って外に出ると、外の方が気分良く、これなら大丈夫と思えました。

無事友達と会い喫茶店に入って話し始めたものの、再び体調悪化。
あわててトイレに駆け込んだけど、冷や汗ドバドバの貧血で身体に力が入らない。
目の前はグワングワンしてる。
なんとか立ち上がり洗面台に手を付いて頭を下げ目をつぶってじっとしていました。

しかし我が家じゃないのでいつまでもトイレに籠もってもいられない。
何とか席に戻らなくちゃと、ゆ~っくり頭を上げ鏡を見たら、悲しげな真っ青な女の顔。
幽霊です!
自分じゃなかったら腰抜かしてます。
このショックで目まいから回復したように思います。

ヨレヨレで席に戻ると、
「大丈夫ですか?顔、真っ青ですよ・・・」

彼女も怖かったでしょうね~
幽霊が出るにはお日様が高くて良かった。
夜だったら彼女こそ腰抜かしてます。

冷めたロイヤルミルクティーにお砂糖をいっぱい入れて飲んだら
やっと血の気が戻ってきた。

今回のことで幽霊は貧血だとガッテンしました。
by danri | 2012-06-17 01:55 | ★笑った
ごちそうさまでした
類は友を呼ぶとは良く言ったもので、
T・Sさんは多分私以上にそそっかしい、可笑しい人です。
夏目漱石の「我輩は猫である」を「我輩は坊ちゃんである」と言った人です。
その天然ぶりは特筆物で、彼女と一緒の時は笑ってばかりです。

昨年の晩秋、二人で京都を訪れました。
共通の友人A君の絵画の個展に合わせ二泊三日。二度目の旅です。
e0061036_17153496.jpg


その夜は、
掘川端筋の地元の人でなければと思える穴場のお食事処に案内してもらいました。
家庭的だけどお洒落な料理が次々と出てきて、
「美味しい~038.gif」の連発でした。

その席にはK君も合流したので、(全員高校同期生)
久しぶりの再会に時の経つのも忘れがち、
普段いただけない京の味に感動しながら、
4人の宴会は和気藹々と続いたのでした。

お腹も一杯になり、お開きの時間。
私達二人はタクシーを拾い宿泊ホテルに向かいました。

「美味しい料理だったね~」と、
車中も楽しさと美味しさの余韻に浸りきっていたのでした。

程なく車はホテルに到着。

私は運転手さんに料金を渡しながら
 「ありがとうございました」
続いてT・Sさんが、
 「ごちそうさまでした」

一瞬 シーーーン とし、
後は運転手さんと三人、大爆笑。041.gif
e0061036_17161485.jpg

by danri | 2012-06-13 18:21 | ★笑った
ユニクロ大好き
ユニクロが近くにあるので時々買い物します。
春の「感謝祭」と秋の「創業祭」は超目玉品もあり、
初日は朝6時開店で「アンパンと飲み物」がプレゼントされます。

一昨年の秋の「創業祭」の時は
未だ明けやらぬ5時半に家を出て、10分後には着いたのだけど、
すでにお店の前は大勢の人。
プレゼントを貰える人数には間に合いませんでした。

それでも入店する時にくじ引きの特典があり、
私は1000円の買い物券が当たり大喜び。
娘と友達はハズレだったけど「ソックス(メンズ)」を貰いました。
やはり早起きは三文の徳です。


先日(5月27日~30日)の感謝祭、
初日早朝はパスしたけど、5,000円以上購入でくじ引きが出来るというので
家族の物等纏め買いして1万円以上になりました。

会計し、2本引くと、「三等賞」と「ハズレ」でした。
「おめでとうございま~す!三等が当たりました~~~!」と店員さんは大きな声。
注目を集めました。

私は1000円のお買い物券ゲットの記憶が蘇り、
「えっ!何が当たったんですか~~~!!」と思わずニッコリ身を乗り出しちゃいました。

「はい、
メンズのソックスかウイメンズのソックス
どちらが良いですか!」

一瞬耳を疑い、もう一度聞いてしまった^^;

ハズレは何も貰えなかった。

そりゃぁ何も無いより良いけれど、
以前ハズレでも貰えたソックス一足が三等賞なんて、
なんか悲しかった。

(写真は戸山公園のバラ。 撮:2012.5.21)
e0061036_11364871.jpg

e0061036_11372035.jpg

by danri | 2012-06-01 11:45 | ★笑った
ドジ話はいっぱい
『フレンチレストラン』の話を読んだ友達からメール。


     「***御苑の日、そんな面白い事があったの?
     1人で「ケタケタ」笑ってしまいました。
     私も相当ずっこけですが、落ち着いた貴方もですか 「ホッ!」


いえいえ、落ち着いてるなんてとんでもない。
自分でも信じられないポカには事欠かないのです。

昨日もフラのレッスンの後に友達とランチに行って、
レッスンの大きいバックの中を見ると、サイフを入れてるバックが無いのです。
それで、「バックを忘れてきちゃった」と1000円借りたのです。

でも、ふと気がつくと、
    ちゃんとバックを斜め掛けにしている。

マフラーしてたのでウッカリ・・・なんて 言い訳にもならない^^;

年齢的にボケが入って来てるので、こんな事は日常茶飯事。

さっきも、娘から
       「手持ちぶたさ」じゃなくて
              「手持ち無沙汰」ね と指摘されたところです。ブー048.gif
by danri | 2011-11-17 23:13 | ★笑った
フレンチレストランで
11月11日は高校時代の仲間から『ランチと新宿御苑散策』に誘われていました。
男3人、女4人が集まると言う。

待ち合わせ場所は地下鉄丸の内線の新宿御苑駅の改札で、11時30分集合との事。
私の家からは自転車で行ける距離なので、
私だけランチのお店へ直接行く事にさせてもらいました。

しかし、「1」がいっぱいの記念すべきこの日は生憎の雨の上に真冬並みの寒さ。
それでタクシーで行くことにしたのです。

        それが全ての間違いの元とは知る由も無く・・・048.gif



指定の『フレンチレストラン』はちょっと分かりづらい場所ですが、
抜かり無く『ぐるなび』の地図のコピーを運転手さんに渡したので安心してお店まで直行です。

タクシーは靖国通りを左折し、新宿5丁目辺りの交差点を右折、そして二つ目の路地を左折。
そろそろこの辺り・・・になり、低速運転しながら

       「この辺ですね~お店の名前は・・・何でしたっけ~」
                        運転手さんは左手に並ぶお店を物色。

       「そうですね~~。も~ここでも結構ですよ・・・」

と、その時運転手さんが 「あっ、ここですね!」

確かに左手に目指すレストランの立て看板。
運転手さんはお店の前にピッタリ駐車してくれました。
車のドアが開くと冷たい雨。
私は傘をさすのもそこそこにお店の中に駆け込んだのです。

時刻は開店時間の11時30分ジャスト。
こじんまりした店内は和風な造り。

       「いらっしゃいませ~」と迎えてくれたオバチャン。
       そうなんです、親しみある笑顔のオバチャンなんです。

       「○○の名前で予約してると思うんですけど」

       「・・・あっ、そうですかぁ~」

おばちゃんは厨房の中を覗き込み奥のシェフに

       「予約してる○○さんですって~」と声を掛ける。

告げられたシェフはニコニコと私の前に現れた。
これがなんと、背の高い私好みのイケメンの若者。012.gif
でも予約を忘れていたのか、何かの手違いか、何かちぐはぐな感じです。

        そうですよね。
            普通は予約席がセッティングされていて、
                「お待ちしていました」となるはずだもの・・・

でもイケメンシェフはとてもイイ感じ。

       「この店、どこで知りました?」

       「多分ネットで。友達が予約したの」

       「人数は何人ですか?」

       「7人で予約してると思うのだけど・・・
           他の人は地下鉄駅で待ち合わせてるから後で来ます。
       私は大久保なんで、 雨でなかったらチャリで来たんだけどけどね^^」

       「あ~、そうなんだ~^^。知り合いもそっちの方に住んでるけど自転車で来るもの^^」

準備もせずにフレンドリーな若いシェフはリラックスして余裕です。
 
       「席は何処が良いですか~?」とオバチャンは店の奥に歩いていく。
       「右手の大きなテーブルは6人掛けなので、こちらに4人座って、あちらの席に3人でもいいし、
        6人掛けに椅子を一つ足しても、どちらでも良いですよ」と言う。

       「?・・・・・・分かりました。皆が来てから決めさせてもらいますね」

なにか変な空気が漂い始めてるのを微かに感じながらも、
未だ己の愚かさに気が付かない私でした。
そして、
皆が来たら直分かるようにと店の入り口の席に座り、手持ち無沙汰に待つ事10分。
やたら喉が渇いてくる。

      「お水頂けますか?」

      「はいはい」
      オバチャンは暖かいお手拭も添えてくれた。

      「すみません。
       もう来るはずなんだけど、遅刻してる人が居るのかもしれない^^」

水を飲みながら店内を見渡す、「・・・・」

その時、
二人連れの若い女の子が入ってきた。

     「こんにちわ~001.gif

     「らっしゃ~い。今日のランチは、○○ドンと○○うどんですよ~003.gif


オバチャンの元気なその声に、飛び上がらんばかりの私だった。

この時、やっと、
      やっと気がついた・・・

   お店・・・  間違えてる005.gif


気がつけば全てが納得なのです・・・
此処は確かに、何処からどう見ても紛れも無いうどん屋さん(お蕎麦屋さん?)なのです^^;^^;
フレンチシェフにしてはイナセなイケメンの彼,
Tシャツに頭はバンダナだった・・・
オバチャンは割烹着だった・・・


あ~~~・・・このバツの悪い状況からどうやって脱出しよう・・・・
    穴があったら入りたいとは、正に今この時・・・
        なんとか取り繕わなくては・・・
          でも、もう、どうしようもない。

冷静さを装い、私はオバチャンに小さな声で言いました。

     「あの~、皆が来ないのは、
              もしかしたら私、 お店を間違えてるかもしれないので、
                               ちょっと近所を探してみます・・・」

オバチャンはポカーンとした顔で私を見た。
         
    「お水まで頂いて スミマシェ~~~ン」

傘を手にして逃げるように店の外に出た。
     カッコ悪くてイケメンに挨拶できなかった・・・054.gif


店を出たらすぐ右に例のフレンチレストランの立て看板。
そしてその後ろに隠れるように二階への階段が・・・

目指すお店は間違ったお店の二階だった。

    も~~~、
      なによ~~~
         紛らわしんだからぁ~~~~~047.gif

              って、私がドジでバカだったんだけどさぁ~008.gif
by danri | 2011-11-17 10:51 | ★笑った