子供達を守るため、原発反対!平和と言論の自由を守るため、憲法改悪反対!
by りんだ
カテゴリ
✿プロフィール✿
★徒然語り
★笑った
★ちゃんと考える
★猫の話
★フラしてます
★テレビ日記
★思い出語り
☆'08京都の旅☆
☆海外色々体験
★'06韓国旅行
★'06初めてのハワイ☆
★'08ハワイ旅行 ★
☆'05ゴールドコースト☆
☆'09ゴールドコースト☆
☆'10ゴールドコースト☆
《非公開日記》
【リンク】

岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal


記事ランキング
以前の記事
2016年 07月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
画像一覧
外部リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
原発事故から学んだ事
昨年の3月11日の大地震から一年。
12日は福島第一原発の事故が明らかになった日です。

あの時まで、私は原子力発電に対し無関心で、何の疑問も不安も持っていませんでした。
安全神話、原発反対運動、そのどちらにも関心を持たない人間だったのです。

建屋が水蒸気爆発した映像をリアルタイムで見ても、
未だその事の重大さ、恐ろしささえ分からない愚かしさでした。

でも、「直ちに人体に影響が無い」と繰り返す枝野官房長官の言葉の胡散臭さだけは見抜けました。
その言葉の続きに「いつかは影響が出るかもしれません」と付け加えるべきだと。

早い時期にメルトダウンを知りながら、
何故政府は子供・妊婦・若い女性をすぐさま疎開させなかったのでしょう。
情報を隠蔽し、放射能の危険を誤魔化し、
人間に被害を及ぼしたのは間違いなく、これは犯罪です。


推進派の輩は、事故の悲惨さが理解出来ないのか、未だに「再稼動」なんて言っている。
原発に「安全・クリーン」は有り得ない。
その事が今回の事故の教訓なのに、どうして分からないのか?
電力不足が大変とか、経済が落ち込むとか、石油が高騰して料金が高くなるとか、
様々な脅しをするけど、
原発事故が齎すリスクの比ではありません。

そもそも原子力発電所がこの狭い地震大国に54基もあるなんて酷い話です。
アメリカにとって最高のお客さんだった日本。
原子力村といわれる癒着構造で潤った人達にとって、こんなに素敵な物は他には無く、
今後もどんな手を使っても存続させたいのでしょうね。

昨年末の野田総理の冷温停止状態・事故収束宣言。
笑いました。
もう以前の無知な私ではないです。

いまだに放射性物質が放出され続けているし、汚染水も増え続けるばかり。
原子炉建屋の航空写真を見たら、事故の悲惨さ、深刻さに愕然とします。
チェルノブイリ以上だと分かります。

原発は直ちに廃止すべき。

電力会社も推進派の政治家も御用学者も報道も、もうこれ以上の罪を犯さないで欲しい。
それでも未だ安全だと言うのなら、
電力会社上層部の方々と、原発推進派の方々は家族と共に原発近くに住んでください。
54基もあるのだから何処でもお好きに。
建屋の上に建屋ヒルズを建設して住んで下さい。


地震学者の石橋克彦氏の言葉。
   「日本の原発は、地雷の上でカーニバル」

生命を脅かされ、故郷を失い、家族がバラバラになる悲しみ。
   「たかが電気の為に」と京都大学の小出先生は言いました。
そうですよね、
その危険を冒す価値なんてあるはずが無い。
原発はいらない。
その事に、全ての人が今気が付かなかったら、
それこそが本当に救いの無い日本の悲劇だと思います。
[PR]
by danri | 2012-03-12 05:06 | ★ちゃんと考える