子供達を守るため、原発反対!平和と言論の自由を守るため、憲法改悪反対!
by りんだ
カテゴリ
✿プロフィール✿
★徒然語り
★笑った
★ちゃんと考える
★猫の話
★フラしてます
★テレビ日記
★思い出語り
☆'08京都の旅☆
☆海外色々体験
★'06韓国旅行
★'06初めてのハワイ☆
★'08ハワイ旅行 ★
☆'05ゴールドコースト☆
☆'09ゴールドコースト☆
☆'10ゴールドコースト☆
《非公開日記》
【リンク】

岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal


記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2016年 07月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
画像一覧
外部リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
フィギュア男子
男子フィギュアスケートフリー観戦、
ドキドキで楽しみました。
日本人三選手は頑張ってくれました。

高橋大輔選手は銅メダル。
ひた向きなフィギュアスケートへの思いを心から称えます。
4回転は成功しなかったけど問題じゃないです。
オリンピックで金メダルを目指すスケーターとしての心意気。
グッと来ました。
素晴らしかったです。

織田選手が靴紐が切れたと演技を中断した時はトーニャ・ハーデングを思い起こしちゃった。
まさか本当に切れるなんて・・・
それにしても、一度切れた紐を繋いで使ってたのはどう考えても残念すぎるミスだと思う。
後悔して泣いてたけど、判断ミスはどうして起きたのか。
コーチも知ってたことなのかな~
織田選手のフリーは持ち味を生かした曲で最高の演技が期待出来ただけに本当に残念。

小塚選手は4回転を成功させて素晴らしかった。
ショートもフリーも得点以上の出来だったと思う。
4年後、4回転を二回飛べる位の選手に成長していて欲しい。

金メダルのライサチェックは長い手足を生かし完璧な演技でした。
でも4回転を入れなかったのだから完璧で当たり前といえば当たり前。
戦略的には勝者だけど、どうなんでしょう。
最高得点だったけど、最高のメダリストにはなれなかったと思う。

プルシェンコは流石王者。
演技も風格も最高でした。
金じゃないのが不思議です。

素人のタワゴトですが、私がジャッジならこうなります。
金 プルシェンコ (4回転を飛ぶ事の意味を教えてくれた偉大な選手だから)
銀 高橋 (思いが伝わる感動の演技です)
銅 ライサチェック (確かに上手かった。でも嫌い)
[PR]
by danri | 2010-02-19 23:00 | ★テレビ日記
ロケ中
娘が、近所の公園で『まっすぐな男』のロケ中だと知らせてくれました。

佐藤隆太と深田恭子と佐々木希がいた!
ということです。

どうしようかな~
でも寒いので見に行くのやめました。

そういえば最近エキストラお休みしています。(^-^)

暖かくなったらミーハー心を奮い起こしたいと思います。
[PR]
by danri | 2010-02-14 16:10 | ★テレビ日記
女子モーグル
女子モーグル、楽しみました。
世界レベルは凄いなぁ~と感動です。

上村愛子は4位。
どうしても此処一番で力を出し切れないです。
というか、やはりオリンピックに出るとこのランキングの選手なんだと思います。
技術的には世界のトップクラスでも、オリンピックという最高の舞台で勝つ為の爆発的なエネルギーに欠けているような気がします。
後一歩メダルに届かず残念でしたね。

里谷多英は凄かったです。
予想通り楽しませてくれました。
スタート地点からストックがズッコケ、入れ込んでましたね。
緊張と、やるぞ~!って感じが伝わりました。
e0061036_15564183.jpg

ミドルセクションの魂のこもった爆走、引き込まれました。
もしあのまま二度目のジャンプ失敗せず転ばないでゴールしてたらひょっとしてたかも。
そんな「もしも」を考えて嬉しくなりました。
上村に無い物を里谷には感じます。
e0061036_1558296.jpg

冬のオリンピックでは日本人初の金メダルを長野で取りました。
4年後のソルトレイクでは銅メダル。
二年連続のメダリストは多分彼女が初めてなんじゃないかな。(?)

モーグルという競技を広めてくれた功労者であることは間違いなく、
記録にも記憶にも残る偉大な競技者の里谷多英。
これが最後の雄姿かな~と感慨深いです。
でも4年後のソチで37歳の爆走も観たいです。
[PR]
by danri | 2010-02-14 15:18 | ★テレビ日記
バンクバーオリンピク開幕
始りましたね。

普段は全く観る事の無い競技が多いので楽しみです。

日本選手の活躍、どうなるでしょうか。



明日のモーグル、どうでしょうね。
『上村愛子』が世間一般大注目だけど、
私は『里谷多英』。
金も銅も取ってる凄い選手なのに全くメディアが取り上げませんね。
過去に私生活の乱れで叩かれ、葬り去られた感じです。
もうモーグル止めたのかと思ってたら未だ頑張ってちゃんと出場してる。
競技人口少ないってこと有るのでしょうけど、
大舞台に強い選手だから大爆発してくれたらと密かに期待してるのです。
汚名返上して欲しい。


ついでに、服装の乱れで叩かれちゃった国母選手について一言。
崩した着こなしのオシャレは普段してるんでしょうから、
選手団の制服であそこまで個性を主張しなくても良かったんじゃないかな。

大ヒンシュク買っちゃって、「反省してま~す」と答えたその反省の無い言い方も更に叩かれ、
危うく競技にも出られなくなりそうでした。

自分は何も悪い事はしていないという思いが強く、何でこんな大騒ぎされるのか不満だったでしょうね。
私は国母ファッションは笑って許せる程度だと思うけど、21歳にしては態度も言葉使いも子供っぽいと思う。
スノボーやってるのなんてあんな程度と言われちゃうのだから、やはり代表選手の自覚を持たないとね。
人其々、個性も其々だけど、
それ以前の問題としての普通の感覚を身につけないと今回のような批判を受けても仕方ないと思います。

石川遼君が素晴らしいのは、子供なのに大人なところ。
15歳で既に見習いたいほど大人でした。

国母選手は、今度の事で、何で大ヒンシュク買ったかをちゃんと理解出来たら少しは大人になれるでしょうね。
そして、もしもメダルを取れたら、マスコミも掌返して絶賛して飛びつくでしょうから、
其の時は笑って大人の対応してくれたらと思います。
[PR]
by danri | 2010-02-14 00:59 | ★テレビ日記
朝青龍引退に思うこと
朝青龍が品格を問われ引退に追い込まれました。
力士として歴史的な記録を作り、大横綱として相撲界を引っ張っぱり、迫力のある楽しめる相撲を観せてくれた朝青龍の引退は残念でなりません。

強すぎるヒールキャラと共に愛嬌のある笑顔。
制限時間いっぱいになると左腕を振り上げ回しをパーンと叩き気合を入れる姿。
館内を沸かせるそのサービス精神は素晴らしく、引き付けられずにはいられませんでした。
強くて絵になる力士の存在がどれだけ低迷する相撲界を支えてきたことでしょう。

強引とも言える戦いぶり、勝ちっぷりは時として顰蹙を買ったけど、それを許したのは朝青龍に勝てない不甲斐ない他の力士達です。
今回の騒動にしても、場所中に泥酔してトラブルのあった力士に優勝されてしまうなんてどうなのよ?
ということです。

朝青龍の自由奔放な性格を朝潮親方が操縦し切れなかったのかもしれないけど、
そもそも横綱の品格とは何なんだろうと思います。
それを問う前に日本相撲界の品格を問うべきではないかと。

日本人力士の育成にどれほどの努力をしてきたのか。
手っ取り早く外国人少年をスカウトしてくるその品の無さはどうなんでしょう。
支度金もあるでしょうね。
大金持ちになれる夢も抱かせる事でしょう。
強ければ良いという考えが有るから外人に頼って来たのです。
そして日本の中でも最も古い体質の相撲界に嵌め込もうとする無茶。
朝青龍は生まれるべくして生まれた力士で、その性格にオタオタしながらも諫め切れないのは生みの親、育ての親の責任に他なりません。

横綱は白鳳も朝青龍もモンゴル出身。
上位力士は外人が目立ち、日本人力士の影の薄いこと。
これで国技だ、品格だと声高に叫ぶのには笑えます。
朝青龍は今の相撲界の問題を浮き彫りにしてくれたという意味でも歴史に残る大横綱と思います。


「水も言葉も違う国で、モンゴルの大草原の少年を横綱になるまで支えてくれた方々に感謝しています」という朝青龍の最後の言葉に涙が流れました。

『若干29歳』のモンゴルの若者の心に日本人のファンの心が届くように願っています。
[PR]
by danri | 2010-02-06 13:19 | ★テレビ日記