子供達を守るため、原発反対!平和と言論の自由を守るため、憲法改悪反対!
by りんだ
カテゴリ
✿プロフィール✿
★徒然語り
★笑った
★ちゃんと考える
★猫の話
★フラしてます
★テレビ日記
★思い出語り
☆'08京都の旅☆
☆海外色々体験
★'06韓国旅行
★'06初めてのハワイ☆
★'08ハワイ旅行 ★
☆'05ゴールドコースト☆
☆'09ゴールドコースト☆
☆'10ゴールドコースト☆
《非公開日記》
【リンク】

岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal


記事ランキング
以前の記事
2016年 07月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
画像一覧
外部リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
太宰府天満宮

e0061036_9333264.jpg

10月24日、太宰府天満宮へお参りに行きました。
学問の神様菅原道真公が祀られ、合格祈願で有名な神社です。
受験の年頃に来ていたら、私の学歴も変わっていたかもしれない。
でも神様も努力した人に報いてくれるもの。
私にはご利益は無かったでしょうね。

折りよく、10月7日から月末までが「合格祈願大祭」の期間で、桜門は登竜門伝説の鯉と龍の飾が華やかでした。
ちょっとチャイナチックな雰囲気です。
目標も決まり、これから本格的に受験勉強に入るこの時期は、受験生も家族も、
誰もが神頼みしたくなる季節なんですね。
e0061036_9353836.jpg
本殿の右前には 京を追われた菅原道真公が
「東風吹かばにほひおこせよ梅の花 
 あるじなしとて春な忘れそ」
と詠まれたことで有名な飛梅(とびうめ)があります。
道真公の歌を慕って京から一夜にして飛んできたという伝説の白梅です。
その情熱のとおり、極早咲きで、春一番の一月に花をつけるそうです。
私は、実際には梅の花のように美しく、そして情熱的な女性のお話だったんじゃないかと密かに想像してます。

太宰府天満宮の名物は「梅が枝餅」。
お食事処の店頭で蒸していました。
一休みして頂きました。
飛梅を模ったお餅は熱々です。
マー君は冷めるのが待てません。
写真を撮ってる傍から小さなお手手が伸びてきます。
下に敷いてるシートを人差し指で引っ張ってます。(^^)
薄皮のお餅の中は美味しい餡子。
フウフウ言って頂きました。
e0061036_9531981.jpg
e0061036_9535339.jpg

e0061036_955467.jpg
e0061036_104118.jpg

e0061036_1004745.jpg
[PR]
by danri | 2006-10-31 09:30 | ★徒然語り
ピカチュウジャンボ
e0061036_1192594.jpg

e0061036_1358573.jpg
飛行機は全日空。
しかも、行きも帰りも『ピカチュウジャンボ』!
マー君は大喜び。
機体のペインティングだけでなく、機内もピカチュウ。
ピカチュウ絵葉書ももらえました。
大人もちょっと得した気分です。
旅が楽しくなります。

行きはお相撲さんが乗っていました。
11月は九州場所ですね。

帰りは修学旅行の高校生が一緒。
みんな飛行機が離陸する時は大騒ぎ。
「キャーッ!」と叫ぶ子、恐怖で顔を覆い泣いてる子もいました。
初めての飛行機体験はピカチュウ効果も無いようでした。
彼らはオーストラリアへ行くそうで、成田からの8時間はキツイでしょうね。
快適フライトだといいのだけど。
e0061036_13431063.jpg
e0061036_13443924.jpg

e0061036_13472652.jpg
e0061036_13495825.jpg

[PR]
by danri | 2006-10-27 12:11 | ★徒然語り
雨がやんだ
10月23日、
一晩中激しい雨が降っていたけど、家を出る8時頃はやんでいました。
それでマー君をベビーカーに乗せて、リムジンバス停まで歩いて行くことが出来ました。

新宿西口のリムジンバス停まで徒歩30分ほどです。
歩きなれたルートなのでそんなに草臥れません。
雨の予報も、バス停に着くまでは外れてくれて、晴れ女はニンマリでした。

リムジンバスで羽田空港まで通常は50分。
ところがスイスイで30分ほどで着いてしまいました!

荷物も持たなくていい。
席は必ず座れる。
空港玄関に到着。
羽田に行くのはこの方法が一番です。

高速を走るバスからの眺めも好きです。
低い雲に包まれた東京タワーは建設途中みたい。
e0061036_2311115.jpg
e0061036_2313835.jpg

e0061036_232973.jpg

[PR]
by danri | 2006-10-27 01:34 | ★徒然語り
博多へ
明日から二泊三日、家族と博多へ行きます。
屋台をしていた義弟がお店を持ったのでお祝いが一番の用です。
ママちゃん、マー君も連れて行くので、
孫、曾孫に会える義母も大喜びと思います。
一年ぶりですけど、マー君の一年はビックリの成長です。

晴れ女の旅立ちの日には珍しい本降り予報なので、
何とかならないかな~(^^)っと、念力。
博多の天気は大丈夫みたいなので、まぁ良しとしましょうか。
[PR]
by danri | 2006-10-22 20:40 | ★徒然語り
猫をもらってきた日
以前飼っていた猫はミーちゃんとタマちゃん。
相次いで病気で死んでしまったので、
「もう絶対飼わない」と思っていました。
でも日が経つほどにやはり飼いたくなって来るのです。

8年ほど前、とうとう飼おうという事になった時、どんな猫を飼うかを家族で話しました。
みんなの希望は同じで、『健康なメス猫』でした。
ミーちゃんもタマちゃんもメスでした。
メスはオスに比べキレイ好き。
そして性格も穏やかなのでこの条件になったのです。
病気で死なせてしまった悲しい記憶が癒えていないので、とにかく健康な猫が欲しかった。

どこかに捨て猫いないかと捜す日々。
やがて長女の知り合いから、「子猫を貰ってくれる人を捜してる人が居る」という情報。
数日後、長女が「見に行ってくる!」と言うので、
「条件に合っていたらね。でなければ、ダメよ!」と念を押し送り出しました。
肌寒い雨の日でした。

数時間後、「貰ってきた」と帰宅した長女。
どんなに可愛い子猫ちゃんかとワクワクで見てみれば、
目ヤニでべちゃべちゃ。
見るからに病気。
可愛くない。
しかもオス。
「・・・・・・・」
言葉がありませんでした。

長女の説明によると、
「見に行くだけと飼い主に伝えておいて!」と知り合いに話していたのに、
先方の女性は貰ってくれると思い込んでいて、
いきなりの「ありがとうございます」。
猫一式を差し出されてしまったと言うのです。

つまり、病気なので病院の診察の書類とか薬とか・・・
そして、「猫のトイレもあげます」。
長女は断ろうと思ったけど、その人の勢いに押されて言うに言えない。

その子猫は、ゴミ捨て場だったか、公園だったかに捨てられていたという。
もう少し発見が遅れてたら死んでいたという。
病院に連れて行ったけど、汚いとこに捨てられていたので眼はメチャクチャ。
長女は「断らなくちゃ・・・」という思いで、困惑極まりないのですが、
先方の涙ながらの語りは止まらず、
哀れな身の上この上ない猫ちゃんなのは良く分かる。

どうぞどうぞと抱かされてみれば、
可愛いというより可哀想。
先方は「よかったね、貰ってもらえて(TT)」
長女、
「・・・・・(TT)」

その猫がタラちゃんです。
病気の後遺症で涙目。
時々目頭から茶色い汁が滲みます。
クシャミしては鼻水飛ばしてます。
でも、長男が定期的に病院へ連れて行ってくれて、
えらく高い注射を打ってもらってるお陰か、ドア開け名人になるほど元気です。
オスだけどキレイ好き。
甘えん坊でおだやかな性格です。
そしてもちろん、タラちゃんは可愛い猫ですよ。(^-^)
[PR]
by danri | 2006-10-21 19:38 | ★猫の話
ドアを開ける猫のお話
e0061036_1753563.jpg
今日はタラの自慢話です。
タラは頭がいいのです。
運動神経も抜群なんです。
どう良いかというと、ドアを開けるのです。
引き違い戸なら当たり前ですが、
ノブを握って下に下げると鍵が外れて、
押して開けるタイプのドアを開けるのです。

タラは背伸びしてもノブに手が届かないので、ジャンプしてノブに飛びつき開けてしまうのです。
この時大きなガチャンという音が響きわたります。
もちろん教えたわけでは有りません。
同じようにしてドアを開ける猫がテレビで紹介されたのを見たことがあるので、まぁそれ程驚くことではないかもしれません。

しかし、タラの凄いところはここからです。

廊下に出る時は、飛びついた瞬間体重がドア側に掛かるので押し開けています。
それを覚えたので、廊下側から開けるのは同じ動作では出来ません。

飛びつき、手前に引かなければ開けられない事を理解しなくてはなりません。
たとえ理解出来たとしても、逆の動作はかなり高等技術。
絶対無理だろうと思っていました。
現にタラは何度も挑戦していたのですが、開けられずにいました。

しかしある日、ついにその時はきました。

いつもの大きなガチャンではない静かなガチャンが聞こえ、
暫くするとタラが悠々と部屋に入ってきたのです。
ビックリしました。
どうやって開けたのか気を付けて見ていたら、
軽くジャンプして体重がドア側に掛からないようにしてノブを引き気味にしているのです。
鍵がはずれて少し手前にずれたドアを、手で引っぱっていました。
分かります?
頭良いでしょ~ぅ。038.gif

感心してる場合じゃありません、
ドア開け名人のタラは更に進化したのです。005.gif

新しい冷蔵庫に買い換えた年の事です。
冷蔵庫は高さ175センチくらいで、下から1メートル位までは野菜室、冷凍庫、アイスボックスで、これらは全て引き出しタイプです。
上が冷蔵室で、片開きのトビラです。

このトビラの左下には、【其処を押すとトビラが少し開くパネル部分】があります。
力を入れなくても軽く押すだけで密閉トビラを開けられ便利です。
両手が塞がってる時は手の甲で押したり、肘で押したりして開けることも出来ます。

ある日の事、冷蔵室が少し開いていました。
うっかり閉め忘れたと思いました。
それが何度か続いて、家族と話したら、みんな同じように開いていたのを閉めた経験が有ったのです。
アゼンとしました。
笑いました。
家族の一員にはタラもいることに気がついたのです。

それからは、台所に行くタラを見てみぬふりして観察し、
その劇的な犯行現場を目撃しました。

ジャンプしてタッチ!

そりゃぁ見事でした。
そして何をするでもなく、その場を離れました。
人間が開けるのを見ていて興味を持って、ただ開けたかったんですね。

その後、冷蔵室はタッチしても開けられない設定にしました。
特技を封印するのは惜しいけど、電気代も惜しいですからね。039.gif
[PR]
by danri | 2006-10-13 14:29 | ★猫の話
イタリア展

e0061036_15122948.jpg「イタリア展」ではオリーブオイルのテイスティングを楽しみました。
ズラーッと並んだ高級オイル。
その其々の前に、味見用のオイルが小さな器に入れてあります。
小さく切ったパンが添えてあるので、楊枝に刺し、ちょっとオイルをつけて頂きます。
これが美味しくて、あちらこちらのテイスティングバーの梯子をしてしまいました。
私はお酒が飲めないから出来なかったけど、ワインのテイスティングも有りました。
e0061036_15135880.jpg
それから生ハム、チョコレート、チーズ。
見本の食べ歩きってほんと楽しい。
あちらこちらで遠慮なく頂きました。(^-^)
e0061036_1524971.jpg
大好きなイタリア民芸陶器のカラフルで美しい作品も出品販売、
百万以上する壷や何十万もする鉢や絵皿壁掛けで目の保養。
300年以上の歴史がある木彫工芸のモロダーは実演も行われてました。
10センチ位の小さな作品も3万円位します。
実演を見ていたら納得のお値段です。

パスタ、ニョッキなど食材もいっぱい。
ジェラートやジュースも色々。
私はトマトジュースを飲んで、バルサミコ酢と陶器の水差しを買いました。
ピザのテイクアウト時間がなかったらもう少し買い物したかった。
明日火曜日までなのでもう一度行こうかと思います。

イタリア展はご機嫌だけど、
やっぱり現地に行きたいなぁ~。
[PR]
by danri | 2006-10-09 21:22 | ★徒然語り
ナポリの行列の出来る店
e0061036_137643.jpg

e0061036_1345138.jpg

新宿伊勢丹でイタリア展が開催されているので行ってきました。
一番の目的は、ナポリの行列の出来る店、
『ピッツェリア ダ・ミケーレ』のピザを食べること。
この店のメニューは「マルゲリータ」と「マリナーラ」の二つだけで、
イタリア以外で食べられるのは今回が初めてなんだそうです。
(ピザ職人さんはカメラを向けるとニッコリ微笑んで下さいました。(^-^))

11時半くらいに6階の催し物場に着き、そこにいた係りの人に
「ピザを食べたいのですが、何処ですか?」と尋ねると、その女性はイタリアの方でした。
「どうぞ」と混雑してる中を案内して下さる優しさに申し訳なく付いて行くと、
彼女はやがて階段を下り5階へ、そして更に下へ。
最後尾は5階と4階の中間でした。
e0061036_1285328.jpg

彼女にお礼を言い並んだものの、
これじゃ一時間以上かかるだろ~な。
一瞬、「やめようか・・・」と思ったけど、
ここまで連れて来ていただいた親切を無にすることは出来ません。
ということで、オーダーすることが出来たのは一時間半後でした。
私はもちろん大好きな「マルゲリータ」。
そして持ち帰り用に両方を頼みました。
それは「買い物するので二時間後の3時に取りに来ます」と頼むことが出来ました。
e0061036_144366.jpg

ピザのサイズは直径30センチ以上あり、大きいのに驚きました。
現地サイズの一人前なんでしょうね。
トマトソースとモッツァレラチーズとバジルのマルゲリータはピザの王道。
オリーブオイルが美味しかった。
南イタリアに行った気分をちょっと味わえました。
3時過ぎに持ち帰り用を取りに行き、
「マルゲリータ」は、伊勢丹から自転車飛ばして10分少々の長女の家にデリバリー。
そして「マリナーラ」は我が家に持ち帰りました。
[PR]
by danri | 2006-10-09 01:14 | ★徒然語り
どこでもカメラ
9月2日、『りんださんのmixi写真館』を作成して、
コミュニティ運営してきて感じたことがあります。
それはmixiには”mixiの乗り”があるってこと。
というか、私自身の気持ちががいつまでもエキサイトのりんださんのままで、
どうも乗りづらかったのです。
で、りんださんという過去の栄光を捨て(^^)、タイトルを変更することにしました。

9月30日、変更しようと決め、すぐに新タイトルが天から降りてきました。
『どこでもカメラ』
う~~ん。
すごい!(^-^)

6月ころからコミュの構想を練り始め、タイトルを散々考え、
それでもピッタリするのが浮かばなかった。
最後の最後まで決められず、
土壇場で長女のアドバイスで「りんださんの~」に決めたのでした。
ああ、それなのに、それなのに・・・
来るときゃ来るのよね~(^-^)

『どこでもカメラ』は、「何時でも何処でもカメラを持ってパチリ!」の略。
言い方で、どらえもんの「どこでもドア~」みたい。
そう思った瞬間、後者の言い方のほうが気に入りました。
ですから、『どこでもカメラ』は「どこでもカメラ~^^」
どらちゃんのパクリです。(笑)
[PR]
by danri | 2006-10-07 14:45 | ★徒然語り
24
月曜から「24」が始まって、毎日録画してるけど、やはり見てしまう。
ハラハラドキドキの真夜中の3時間。
誰がスパイか悪人か、
みんな敵に思えちゃう。
一難さって又一難!
どんでん返しの繰り返し!
真の黒幕は誰か、最後の最後までわからない!
それにしてもメチャクチャな24時間です。(^^)
[PR]
by danri | 2006-10-05 02:51 | ★徒然語り