陽だまりに猫がいる幸せ。
by りんだ
カテゴリ
✿プロフィール✿
★徒然語り
★笑った
★ちゃんと考える
★猫の話
★フラしてます
★テレビ日記
★思い出語り
☆'08京都の旅☆
☆海外色々体験
★'06韓国旅行
★'06初めてのハワイ☆
★'08ハワイ旅行 ★
☆'05ゴールドコースト☆
☆'09ゴールドコースト☆
☆'10ゴールドコースト☆
《非公開日記》
【リンク】

岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal


記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2016年 07月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
画像一覧
外部リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
<   2006年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
安藤美姫の4回転ジャンプ
安藤美姫がトリノで4回転に挑戦。
そして破れました。
惜しかった。
素人目にもあと僅かなほんの一瞬が足りないのが分かりました。
失敗から立ち直ることが出来ずミスを重ね、ショートの8位から後退し15位に終わった安藤。
もし挑戦しないで、そつ無く演技をこなせたら、6位くらいは取れたかも知れない。
でもそれでは本人もファンも中途半端な満足感でしかなかったでしょうね。
安藤美姫は4回転を成功させたただ一人の女性として、飛ぶことを運命づけられているのだから。

練習で7回に一度は成功していた4回転。
その一回を本番に持ってくるには、運を呼び込む火事場の糞力が必要なのかもしれない。
そのがむしゃらな根性が今の安藤には無いような気がする。

8年ぶりのオリンピックで、圧倒的な美しさと強さで金メダルに輝いた荒川。
見る人に感動を与えながらも4位に泣いた村主。
二人に比べると安藤はあまりに幼い。
精神的な弱さを克服して、4年後に偉大な選手になってくれるでしょうか?
私は大舞台で4回転が成功する瞬間を見とどけたいのです。
それは日本選手で有って欲しい。
その願いを叶えてくれるのはいったい誰でしょうか。
22才の安藤が、19才の浅田真央とバンクーバーで舞う日を楽しみに待ちたい。
[PR]
by danri | 2006-02-24 22:23 | ★テレビ日記
無欲の金メダリスト
荒川静香選手が金メダルを取りましたね!
彼女のインタビューを聞いてると、無欲の勝利だと感じるけど、勿論そんな心持ちだけでメダルが取れる訳は無く、自信に裏付けされた心の奥の秘めた闘志が勝利したと思います。
ショートもフリーも伸びやかでダイナミックで群を抜いた圧倒的な最高の演技。
ショートのラストを決めた瞬間の会心の光り輝くばかりの笑顔が全てを語っていたと思います。

クール・ビューティと表される能面的な表情の彼女は、欧米の人の目には神秘的で魅力的らしい。
でも、日本ではカワイコチャンが受けるので、いくら実力が有っても顔で損していた荒川。
日本ジュニアで3連覇しても、世界一になった2004年もほとんど騒がれることなく、派手なコマーシャルに登場することもなく、メディアもフィギュアファンも冷たいものでした。
それは浅田真央、安藤美姫に熱狂的に飛びついたのに比べるとあからさまです。
かく申す私も、イナバウアーを観た時に初めてパンチを食らった一人です。

しかし、ついに真の女王が花開く時が来ましたね。
最近の彼女は自信から来る美しさと落ち着いた大人の魅力が出てました。
そしてついにトリノオリンピックで最高の栄誉の金メダルを胸に飾りました。
アジアで初めてのフィギュア金メダリストだそうです。
凄いですよね!
もう荒川を誰も放っておきませんよね^^。
あっちもこっちも、もてはやし。
「荒川!荒川!」のラブコール。
そんなオチャラケ人間模様を、彼女は冷静に受け止め、浮つくことのない選手のような気がします。
[PR]
by danri | 2006-02-24 13:08 | ★テレビ日記
クール・ランニング
スケート女子500メートルと男子フィギュア観るため起きていたのだけど、ふとチャンネル変えた時、日テレでやってる映画に釘付けになってしまった。

クール・ランニング」は、1988年の冬季オリンピック・カルガリー大会に、冬のスポーツとは無縁のジャマイカからボブスレー競技に参加した選手の実話が基になった映画。
初めはボブスレーがどんな物かも知らない4人が、名コーチの指導で氷の上を歩くことから始め、オリンピック出場を果たした話。
4人のキャラクターが明るく爽やかで楽しくて、ほめ上手のコーチの人間性も素晴らしかった。
字幕スーパーだったのもアップテンポのジャマイカ、レゲエの個性を消さずに良かったと思う。
ボブスレー競技のシーンでは、ハラハラドキドキ。
大笑いしたり、胸が熱くなったり、最後まで眠気も吹っ飛んで観てしまった。
見終わった後もにやにやしてしまうほど、久々に楽しい映画だった。

トリノのボブスレーもしっかり観よ~っと^^。
タイムリーなテレビ放映でしたね。
[PR]
by danri | 2006-02-15 11:54 | ★テレビ日記
男子滑降
モーグル、ジャンプ、フィギャア、ハーフパイプ、アイススケート、その他色々なるべく観ています。
で、やはり圧巻は「男子滑降」。
一発勝負、最速の勝利。それだけですからね。
芸術点とかバランスとか他の要素の採点がないのは気持ちがいい。

男子滑降見ちゃうと他は迫力不足に感じてしまう。
最後にとっといて欲しい競技でした。
[PR]
by danri | 2006-02-13 17:21 | ★テレビ日記
4年後なんてすぐさ
メダルが期待されていた女子モーグル。
結果は上村5位。
里谷15位。

結果は残念だけど、頑張ったね。
上村の二回目のエアーは完璧でした。素晴らしかった。
宙に舞った姿、きっと一生忘れない。4年前の里谷を忘れていないように。

二人とも悔し涙をバネに2010年バンクーバーを目指してね。
4年後なんてすぐそこさ。
[PR]
by danri | 2006-02-12 12:40 | ★テレビ日記
冬季五輪開幕
トリノの開会式を観ました。
8時間の時差ってキツイですね。
さて、感想です^^。

オリンピック開会式はこのところあまりにも演出過多の気がします。
国の威信を懸けた最大イベント。
世界に発信する最大セールス。
今回は特にそう感じました。
FⅠフェラーリまで出しちゃいましたね^^。

目のくらむような光り、炎。
次から次の出し物にはいささか食傷気味。
演出は懲りに懲り、一番盛り上げたいのは何処なのか分からなくなります。
私は聖火の点火がどう行われるか興味が有ったのだけど、そこに至るまでにすっかり草臥れ、眠くてマイッタ。
様々な新しい技法を駆使した度肝を抜くような演出より、多くの人達がグランドにスキージャンプを描き出した場面は楽しく、見入ってしまいました。
運動会の出し物みたいな手作りの一生懸命が伝わって来て、もし競技場で観ることが出来たら涙こぼれたでしょうね。

選手入場、開会宣言、五輪旗掲揚、聖火点火。
無意味な演出を省き淡々と進行してもきっと感動は同じと思う。
東京オリンピックがそうだったように、オリンピックはそれだけで熱い期待と夢を抱かせてくれる物なのだから。
[PR]
by danri | 2006-02-11 14:41 | ★テレビ日記
激写
加護亜衣ことカゴちゃんが喫煙し、10日発売のフライデーに喫煙現場写真を掲載される。
プロダクションは本日謹慎処分を発表。

カゴちゃんが喫煙なんて、ちょっと笑った。
そしてちょっと驚いたのが、18歳という年齢。
モー娘でデビューしたのが12歳位でしたよね。
可愛い子供のイメージが強くて、まだ15位の気持ちで見てました。
18歳かぁ~。
たばこ経験したくなる年頃ですよね。
何時からやってたか知らないけどね。
(既にヘビーだったとは思いたくない^^。)

しかしレストランで激写されちゃマズイわね。
可愛いカゴちゃんでいたいなら隠れてやらないと。
今は何処でも誰でもたれこんじゃうし、携帯で簡単に写真も撮られちゃうし。

しかし、これで子供からの脱皮成功と考えてる人が居るような気がする。
次注目される時はヘアーヌードでしょうかしらね。
そうやって、少女は芸能界の泥にまみれていくのね。
頑張れ!加護亜衣。
なんで応援してるのかな~(笑)
[PR]
by danri | 2006-02-10 00:53 | ★テレビ日記
火の用心
新宿上空は頻繁にヘリが飛びます。
何があっても可笑しくない土地柄で、バタバタ飛び交う取材ヘリの多いこと。
今も我が家の上空を旋回しています。
ただ、今のは身近な出来事。
近所が火事です^^;

「徹子の部屋」を観てたら、ヘリの音が大きくなって、暫くして消防車のサイレンと拡声器からの声。
こりゃ、近い!
急いで三階ベランダかけ上がってみると、近くの大きなマンションの向こう側から黒い煙がモクモク。
風向きで、こちらには煙が流れてこないけど、大久保通り方面は大変そう。
北風が強いので延焼しないか気になったけど、幸い大事にはならないようで、やがて白い煙に変わった。
空気も乾燥してるし、火の元には気を付けなくちゃね。
[PR]
by danri | 2006-02-09 14:15 | ★徒然語り
ご褒美チョコ
バレンタインデーに、女性から好きな人にチョコレートを贈るのを考えたのはメリーチョコレートの社長。
1958年、デパートの販売キャンペーンで初めてスタートしたそうです。
女心を読んだ素晴らしいアイデアですよね。
恋する乙女は買いますもんね。
でも、最初のその時は、準備不足もあって板チョコ3枚、150円の売り上げだったそうです。
その時、まさか国民的行事と化し、「義理チョコ」にまで発展するとは思わなかったでしょうね。
そして今や、恋しない乙女も、恋と無縁のオバチャマも、高級チョコを買い漁る現象にと変化しています。
自分への「ご褒美チョコ」の登場です。
ここまで恋されたチョコも本望でしょう。

誰にも見つからないように、
好きな人の机の引き出しに、こっそり「板チョコ」を偲ばせたドキドキのバレンタインデー。
あれは夢の一こま。
もう歴史の彼方です。

メリーチョコレートのHPに行ってみたら、
バレンタイン川柳というのが有って、今回は第9回だそうで、応募総数3万の中から100句が選ばれ、その結果発表がされていました。
私の気に入った句は、

安いチョコ 義理でそのうえ 連名で    女性/53歳/主婦/名古屋市

義理チョコの虚しさが良くでてますよね(^^)。
[PR]
by danri | 2006-02-09 14:10 | ★徒然語り
コウノトリ
昨日、祝・ご懐妊関連株が急騰したそうですね。
ストップ高になった銘柄も有ったそうで、お目出度いことです^^。
でも、一番株が上がったのは「コウノトリ」でしょうね。
コウノトリ・ストラップ
コウノトリ・煎餅
コウノトリ・饅頭
ご懐妊にあやかりたいカップルに如何でしょう。

余談ですが、
コウノトリって「鸛」って書くんですね。
お勉強になりました^^。
[PR]
by danri | 2006-02-08 10:54 | ★徒然語り