子供達を守るため、原発反対!平和と言論の自由を守るため、憲法改悪反対!
by りんだ
カテゴリ
✿プロフィール✿
★徒然語り
★笑った
★ちゃんと考える
★猫の話
★フラしてます
★テレビ日記
★思い出語り
☆'08京都の旅☆
☆海外色々体験
★'06韓国旅行
★'06初めてのハワイ☆
★'08ハワイ旅行 ★
☆'05ゴールドコースト☆
☆'09ゴールドコースト☆
☆'10ゴールドコースト☆
《非公開日記》
【リンク】

岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal


記事ランキング
以前の記事
2016年 07月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
画像一覧
外部リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
カテゴリ:★'06韓国旅行( 38 )
韓国旅行、番外編(バスルーム)
Nさんは天然ボケです。
この年齢で、この天然は、人間が素直な証拠と思います。
笑える話はいっぱい有るのだけど、代表的なボケを紹介します。

(その一)
Nさんはホテルに宿泊したことが無いという珍しい人でした。
今までの旅行は国内だけで、いつも日本旅館ばかりだったそうです。
そんなNさんの海外第一夜は、ソウルのホテル到着そうそうの彼女の自宅の空き巣騒動でバタバタ。
一段落して、深夜12時頃、とにかくお風呂に入ろうと言うことに。
この時の彼女の言葉に一瞬ポカンとした私です。

 「でも、こんな時間。お風呂まだやってる?」

 「あの~~~、ここがお風呂ですけど^^;」

私は、洗面・トイレ・バスルームのドアを開けたのでした。

この後は、二人で大笑い。


(その二)
チェジュ島のロッテホテルに宿泊二日目。
明日は帰国というその夜のこと。
Nさんは、「今夜はシャワーだけにする」とバスルームへ。
やがてシャワーの終わったNさんがバスルームのドアを開けた気配がし、
「あ~~^^;、これ、ど~しよ~^^;」と困惑の声。

「ど~した~~?」と覗いてみると、
真っ白なバスローブをまとい、真っ白なタオルを頭に巻いた白クマ状態のNさんが、バスタブに頭を突っ込んでいる。
よく見ると、バス栓をガチャガチャやりながら大汗かいてる。
アララ・・・
「なにやってるの~?」
「髪の毛を流そうとして、栓を持ち上げたら今度は填らなく為っちゃった~^^;」
「あのさ、栓は手で持ち上げるんじゃなく、バスタブの上のコレで動かすじゃない・・・」
私、コレを指さす。
「・・・でも~家では髪の毛、栓外して流すじゃない」
「あのさ、その場合、栓にチェーン付いてるでしょ。ここは、上の操作で栓の上げ下げが連動してるから、
栓外すと簡単には入らないと思う^^;」
昨晩はちゃんと入浴して、ちゃんと排水したけど、今夜はシャワーだけだったのでつい家の調子で栓を引っ張って外そうとしたらしい。

「係りの人呼ぼうか~」
Nさんは「大丈夫。大丈夫。直せるから」と、大汗タラタラでガチャガチャ頑張ってる。
私は、「大丈夫よ。もし壊れても保険がおりるよ」
Nさんは、それで安心したのか、
「も~いいや!やめた!」と最後は疲れ果てベットに。
すぐに寝息をたてはじめたのでした。

起きてる私が気になることは、「簡単に直らなかったら~」、と言うこと。
もし壊れていた場合、ほんとに海外旅行保険でカバー出来るかどうか。
私は損保会社が送ってきた小さなシオリを取り出し、細かい文字をスタンドライトの薄明かりで読んだ。
「よし、大丈夫!」と確認し、ホテルの係りに説明する言葉もあれこれ考えてから眠りについたのでした。
これはA型人間の性というものですね。
そういえば、聞いたこと無いけどNさんはB型でしょうね。
絶対そうだ!

翌朝、目覚めてすぐにハウスキーパーにブロークン英語で事情説明電話。
係りの人は、すぐに来てくれて、バスタブの上の栓の操作部を動かしながら、同時に底の栓をガチャガチャしながら簡単に直してくれた。

「いや~、すごい!電話の仕方上手ね~!。説明が上手いもん!」

と、私はNさんに誉められた。
抜かりなきよう、寝る前に散々考えましたからね^^;
はい、ちゃんと証拠写真も撮ってますよ~~~(^^)。
e0061036_1382411.jpg

(填らなくなっちゃった、バスタブの栓↑)
[PR]
by danri | 2006-05-03 12:58 | ★'06韓国旅行
韓国旅行、その34(旅で得たもの)
私の家の近くは何時からか韓国街として紹介されるようになり、
駅前道りはハングル文字が氾濫している。

韓国料理、韓国食材、韓国芸能人グッズ、韓国エステ。
韓国があまりに身近に押し寄せてきて、嫌悪感があった。
しかも、我が家の前には、韓国や台湾からの短期滞在者アパートが出来てしまった。
特に最近は韓国の若者が多く住み、真夜中でも外で大声で立ち話。
タバコは道に投げ捨てる。
ゴミ箱のマナーは最悪で、ゴミが路上に飛んでも片づけようとしない。
毎日その行儀の悪さに悩まされてるので、韓国人に対して良い印象は持てず、
韓国を旅するなんて一生無いと思っていた。
それでも韓国ドラマは大好きになり、その矛盾は自分でも不思議だった。

韓国に語学留学中の友達に誘われ、韓国行きが決まり、
結局はその友は日本に帰ってきてしまい、
私は初海外旅行のNさんをエスコートする旅をすることになった。

実はぎりぎりまで他の国への変更を考えたが、『チェジュ島』に興味が湧いてきて決めた旅だった。
そんな事情で羽田を発つ時は、こんなに楽しい旅が出来るなんて想像できなかった。
まして、韓国の高校生と親しくなれるなんてね。

心をひらき声を掛け、話してみたら、みんないい人ばかりだった。
韓国の人達の優しさ、楽しさにふれ、偏見を持っていた自分を恥ずかしく思った。
想定できないことが起こるから、
新しい自分を発見する事もあるから、旅は面白いのかも知れない。
忘れがたい人達とのささやかな心のふれあいは、何時までも記憶から消えることがないと思う。
[PR]
by danri | 2006-05-02 14:22 | ★'06韓国旅行
韓国旅行、その33(出会いと別れ)
e0061036_1315153.jpg

4月7日、帰国の朝、HISのヘギョちゃんの迎えでホテルを後にした。
チェジュ空港ではヘギョちゃんとハグして別れた。
少しでも心通わせると別れは淋しい。
幸せな人生を送って欲しいと願わずにいられない可愛い女性だった。

空港ロビーは修学旅行の団体が多く、チェジュ島名産の柑橘類をお土産に持っている学生さんが目立った。
「みんな良い子だな~」と眺めていた。
私達の飛行機は男子高校生の団体と一緒になり、一般客は数えるほどだった。
搭乗ロビーは元気な男の子がいっぱい。
Nさんがトイレに立つ時、座っていたベンチにお土産を入れた袋を置いていったが、その席に男の子が腰掛けた。
そろそろNさんも戻りそうなので、、韓国語と英語を混ぜて
「ヨボセヨ。ここは私の友達の席なのよ」と彼女の荷物を指差し話しかけた。
すると「スミマセン」と日本語が返ってきた。
頭をかきながら、ニコニコして、何度も「スミマセン」を繰り返しとても可愛かった。
私は「ケンチャナヨ(気にしないで)」と答えた。
それから、アッという間に、私は高校生に囲まれ話しかけられた。

彼等は高校二年生で、新学期は3月から始まって、今が修学旅行。
韓国では高校二年生になると授業で日本語を習うそうだ。
まだ始まったばかりなのに、みんなとても上手。
自己紹介や、覚えた言葉が次々と飛び出す。
私も「上手!上手!」と嬉しくて為らない。

Nさんがトイレから戻ってきた時、私が大勢の男の子に取り囲まれていてビックリ!
「どうしたの?」
「ちょっと日本語の勉強」
「エッ!何語でしゃべってんの?」
「ごちゃまぜ^^」と私は笑ってトイレに立った。
私が戻ると、さっきより大勢がNさんに群がってる。
覗くと、Nさんが会話の本を見せていた。
みんな口々に読んで喜んでる。
私達はすっかり高校生と仲良しになった。
e0061036_12295738.jpg


「日本語の先生連れてきます」
誰かが言って、若い綺麗な女の先生がやって来た。
私が立って先生に挨拶すると、ワ~っとみんなが取り囲んだ。
先生と私が日本語で話をしてるのを、みんな聞きたくてしかたない。
知らない人が見たら「いったいどんな有名人がいるんだろ~」というような大騒ぎだった。
e0061036_12354529.jpg(撮・Nさん)


e0061036_124853.jpg(撮・Nさん)



搭乗時刻になって、一般客から搭乗になり、私達は高校生と別れを惜しんだ。
みんな手を振ってくれた。
特に初めに声を掛けた男の子とは、なんか気持ちが通じあって別れがたい思いが胸を締め付けた。

高校生は私達の後方の席で、暫くは賑やかだったけど、飛び立つ頃には静かになった。
振り返るとみんな寝ていた。
きっと昨晩は修学旅行最後の夜を楽しんだんでしょうね。
彼等の忘れられない修学旅行の思い出に、日本人のおばちゃんとのことも入ったら嬉しいな。
e0061036_12332926.jpg
(撮・Nさん)


金浦空港に着き、私達は国際線ターミナルへ移動。
羽田空港へ。
こうして、私達の短い旅は無事終わった。


それにしては長い旅行記だったな(^-^)。
[PR]
by danri | 2006-05-02 12:06 | ★'06韓国旅行
韓国旅行、その32(恐竜火山ショー)
ホテルロッテの庭では、毎晩ディナーショーが行われる。
ラスベガスを真似たショーもある。
ドラマ「オールイン」では、ホテルウーマンになったスヨンが企画した「恐竜火山ショー」として紹介されている。
部屋からも、ホテルのラウンジや様々なスペースからも楽しめる。
宿泊一日目は、ホワイエの窓際のお洒落な椅子に座り見学した。

韓国最後の夜は、ディナー席の予約をしておいた。
私達は7時から席に着き食事。
食事はバイキング式で、味は良かった。
食事中はミュージシャンのミニライブ。
「恐竜火山ショー」は8時半から15分間行われる。

ちょっと笑えるショーだけど、炎の爆発の度に熱気が肌に感じられ、ホテル館内から見たのでは感じられない迫力があった。
でも、ショーの内容を知らなかったらもう少し楽しめたと思う。
というか、一日目は見なけりゃ良かったかも。
いや、ちがうな。
やってるのを見るのは仕方ない。
ホテルに一言言いたい、
毎日同じじゃなく、ショーの内容、少しは変えた方が良いのでは?
[PR]
by danri | 2006-05-02 00:45 | ★'06韓国旅行
韓国旅行、その31(またいつの日か)
最後の観光は、ロッテホテルに近い「天帝淵瀑布」。
谷に掛かるアーチ形のソンイム橋の上から遠く滝が流れ落ちる様子を眺めました。
e0061036_22325286.jpg


e0061036_2220340.jpg


橋を渡り、更に谷へ下りていけば間近に滝が見られるらしい。
かなり素晴らしい滝らしいが、残念ながら時間も無く、そこまで行けなかった。
又何時か来ることが出来たら、その時は必ず行きたい。


ホテル到着は6時15分。
観光は無事終了。
約7時間の観光で、時間もピッタリだった。

タクシーチャーターのゆったり観光は、疲れもそれ程無かった。
三大滝制覇も果たし、「チャングム」「オールイン」のロケ地も行き、
念願の「城山日出峰」の風景も目に焼き付け、大満足の一日になった。

日本語で観光案内とカメラマンもしてくれたタクシードライバーのイさんと、
ホテル正面玄関で記念写真を撮った。
また島を訪れることが有ったら、お願いしますと感謝を込め握手し別れた。
イさん、ありがとうございました!
e0061036_22344122.jpg

[PR]
by danri | 2006-05-01 22:01 | ★'06韓国旅行
韓国旅行、その30(城山日出峰)
e0061036_21283361.jpg

ソプジコジを後にして、「城山日出峰」へ。
登ることが出来たらいいのだけど、それは時間的にも体力的にも無理なので、その岬を近くで見ることに。
丁度ハワイのダイアモンドヘッドを眺めるみたいに。
そういえば、チェジュ島は東洋のハワイと言われていたっけ。

イさんは、ロケーションの良い海岸へ連れて行ってくれた。
この海岸も夏になれば海水浴客で賑わう。
でも今は誰もいない海。
日出峰を眺め、此処まで来たな~っと、感慨深かった。

帰りのルートは桜並木が延々と続いていた、
ソウルでは3分咲き位だったけど、温暖なチェジュ島は今が見頃。
嵐にもめげず咲き誇る満開の桜のトンネルだった。
(タクシーの後部席からただひたすら眺めていました。それで写真はありません^^)
[PR]
by danri | 2006-05-01 21:29 | ★'06韓国旅行
韓国旅行、その29(オールインの教会)
e0061036_212434.jpg

車は、次なる目的地目指し海沿いの道を走り続けた。
「ソプジコジ」という地名の其処がどんなところか私は知らなかった。
何もない荒野が岬に向かって続いている。
遠くに小さな建物がポツンと見えた。
それは懐かしい風景だった。
そしてそこが何処かすぐに分かった。
「見覚えあるでしょ」と、イさんが言った。
「オールイン」のヒロイン、スヨンの小さな教会だった。
e0061036_17221413.jpg

実はこの教会は一昨日の嵐で甚大な被害を被ったそうだ。
「でも、昨日一日で建て直されちゃったんですよ」と、イさんは笑って説明してくれた。
駐車場所には他では見られないほど多くの大型観光バスが停まっていた。
そして教会までの道をゾロゾロ人が歩いていた。
今は修学旅行の季節で、学生さんがとても多い。
「オールイン」が韓国で放映されたのは2003年。
少年少女にも人気のドラマだったことが良く分かる。

スヨンの教会は、2005年6月から、[ドラマ記念館/オールインハウス」になり、
今やチェジュ島の大切な観光スポット。
嵐になんかに負けていられないのだろう。
私も知らずに来て、スヨンの教会を見られたことは楽しい思い出になった。
それにこの岬、ソプジコジからの風景も素晴らしかった。
(中央の写真は、Nさんとイさん)
e0061036_20532326.jpg

[PR]
by danri | 2006-05-01 17:34 | ★'06韓国旅行
韓国旅行、その28(チャングムの村)

e0061036_1649622.jpg
山と海の滝を見たところで、食事をする事に。
イさんが案内してくれたお食事所で、私達は『れいめん』。イさんは『石焼びびんば』を頼んだ。
イさんは出てきた『きむち』をバクバク食べて、お代わりした。
韓国の人の『きむち』好きを目の当たりにすると迫力有る。
凄い物見た感じ。(イさんの食事代は私達が支払いました。これはチャーターの場合のお決まりみたいです。)
お店の人は皆さん親切で、帰るときは何だか分からないけど親しみを込めて私の身体を叩いて気持ちを表してくれた。
韓国の中でも、チェジュ島の人が一番親日家というのは本当かも知れない。


e0061036_16504789.jpg

次はヘギョちゃんが印を付けてくれた二カ所のうちの一カ所「済州民俗村博物館」。
行ってみると、「チャングム」のロケ地だった。村人の生活シーンが思い起こされた。
入場料は6000W。
イさんが私立は高いと言っていた。
成る程、公の処は安いのだ。
徳寿宮が1000Wで、雲ヒョン宮が7000Wの謎が解けた。


e0061036_16522738.jpg



e0061036_16532127.jpg

[PR]
by danri | 2006-05-01 16:53 | ★'06韓国旅行
韓国旅行、その27(チェジュ島観光開始)
(下の写真はチャーターしたタクシーと運転手のイさんです。)
e0061036_23131092.jpg

ホテル出発は11時30分を少し廻っていた。
日本語ガイド兼任の運転手さんの名前は「イさん」
「イ・ビョンホン、イ・ヨンエさんと同じですね!」と言うと、「そうです!」と喜んでくれた。
韓国ドラマのお陰で会話が弾む。
イさんは個人タクシーさんで、38才。
二人のお子さんのお父さんだ。
独学で日本語を勉強したそうで、とても上手。
発音は「ツ」が「チュ」に為ってしまい難しいというので、「ツ」の発音の仕方を教えてあげると、何度も何度も練習。
ほんとに真面目で一生懸命だ。
e0061036_123818.jpg

初めにイさんが案内してくれたのは「天地淵瀑布」。(上の写真)
駐車場から渓流沿いに歩く。
ちょっと汗ばむくらいになった時に現れる滝にホットする。
静かな小さな滝だった。
イさんの説明では以前はもっと幅も広く水量が有ったそうだ。

再び車に乗り、次は、海に落ちる滝として有名な「正房瀑布」。(下の写真)
急な石段を下りて行くと岩だらけの海岸が見えた。
途中から海に向かって落ちる滝が現れた。
下に着くと石がゴロゴロで、弱った足腰にはちょっと大変。。
でも、近くまで行って滝を見上げられて感動。
この滝は一見の価値有り。


e0061036_23561932.jpg



e0061036_2231737.jpg

[PR]
by danri | 2006-04-30 22:08 | ★'06韓国旅行
韓国旅行、その26(交渉成立)
支度をして11時過ぎにロビーへ。
コンシェルジュにチェックした地図をみせ、タクシーをチャーターして観光したいと相談。
料金はどの位かかるか聞くと、日本語のガイドを兼ねて、一時間15000Wが相場で、「10万W位だと思います」とのこと。
そして、「もしかしたら少し安くなるかも知れないので、それは交渉してください」
電話で手配してくれ、10分ほどでタクシーは来た。
この時Nさんはトイレに行ってそこに居なかった。

私は運転手さんに握手し挨拶。
「料金は10万Wということなんですけど、9万Wになりませんか?」
運転手さんはニコニコと愛想良く、
「う~ん、日出峰まで行くんですよね。あそこ迄行くと、ガソリン代も結構掛かるんで~」
笑顔のままで困ったな~という表情。
「分かりました。じゃ、チップ込みで10万Wでいいですか?」
運転手さんは「勿論です!」
交渉成立だ。
(ちなみにこれらの会話は日本語です。(^-^))
此処は高級ホテルなのでネット情報より高くなっても仕方ないと思っていた。
それに案内してもらって親しくなったら、料金以外にチップを渡す事になるだろう。
たとえ8万Wでも10万W支払うと思う。
だからこの交渉は、私には満足出来る物だった。
HISさんのバンでガイド付き18万Wを思ったら、こんな安いことはない。
ゆったりタクシーで自分の行きたいところを観光出来るなんて最高だ。

追記:HISのバンもタクシーも、車一台のチャーター料金です。
   頭割り料金になるので、人数が多いほど一人の料金は安くなります。
   私達は二人ですから、タクシーで一人5万ウォンでした。
   11時半から約7時間の観光が出来ました。
   やっぱりタクシーがお得です。
   参加人数により、考え方も色々と思いますが、
   私はゆったり観光出来るのを優先し、
   人数が多くてもタクシーを増やす方法をお勧めします。
   

   
[PR]
by danri | 2006-04-30 20:02 | ★'06韓国旅行